産業医の選任・健康管理室の開設

企業が行うべき健康管理体制の整備

企業健康診断、巡回健診、メンタルヘルス診断・対策をサポートする「株式会社健康プラザ」では、健康診断サービスだけでなく、健康診断後のフォローや従業員個々の健康管理サービスもご提供しています。産業医の選定から健康管理室(健康相談)の開設までワンストップでお任せいただけます。弊社なら企業様のニーズの応じた柔軟な対応が可能です。

産業医の選任とは

事業者は、常時50人以上の労働者を使用するに至った時から14日以内に産業医を選任し労働基準監督署に届け出ることが義務付けられています(安衛法第13条)。また、労働者が50人未満の事業場は、しかるべき医師などに労働者の健康管理などの全部または一部を行わせるように努めなければならないとされています(安衛法第13条の2)。

健康プラザのサポート方法
1.産業医報酬によるサポート

・統括指導者として医師の立場から全般の助言を得る。
 →弊社が連携の窓口となります。
・定期健診診断結果のチェックと監督官庁届け出の確認をする。

2.オプション料金でのサポート

・長時間労働者への個別面接指導
・来院による個別面接指導
・衛生委員会、研修会などでのアドバイス
※いずれの場合もアテンド業務は、貴社担当部門と連携して弊社が実施します。

健康管理室(健康相談)の開設

事業所内の会議室などを利用して非常設の健康管理室を開設し、産業医と連携して全社員の健康相談などを実施し、健康管理業務を促進します。

1.運営主体

貴社ご担当部署管理のもと、弊社の受託運営とし、派遣の看護師1名が従事します。

2.業務内容

・事業所内社員の面談による健康相談
・遠隔地事業所社員のTELによる健康相談
・衛生委員会のサポート、職場環境の点検など、産業医業務のアシスタント
・定期健康診断の事後フォローおよび健康づくり業務の企画立案
・全社健康管理に関わるその他業務
※健康相談は、定期健診の有所見者を対象とした面接者指定、あるいは希望者の面談予約、入社時健康指導などご相談の上、企画・運営します。

メールでのお問い合わせ

トップへ戻る